1. ホーム
  2. 書籍紹介:医学教育
  3. げんだい養生訓

げんだい養生訓

げんだい養生訓
※クリックで拡大します。

  • 青色の部分はご自由に何度でも変更することが可能です。
  • 年4回刊行・4ページ

※料金は発行部数・発送場所数等により変わります。
※複数施設での共同購入なども受け付けております。  
 ご希望の方には最新号のPDFをお送りいたします。 
 こちらのフォームからお問い合わせください。
 貴施設へのご予約をどうぞ宜しくお願いします。

げんだい養生訓とは?

【げんだい養生訓】は、外来の窓口で患者さんに配布する健康情報誌です。

げんだい養生訓の3 つのメリット
①患者さんは⇒
  1. 患者さんにもっとも身近な家庭医、病院総合医が吟味した健康情報が得られる。
  2. 健康長寿の秘訣が具体的に書いてあるので、毎日の生活の指針となる。
②医療専門職は⇒
  1. 忙しい外来で患者さんに説明する際に役立つ診療情報が書いてある
  2. 患者さんへ正しい受診を促す際のアドバイスとして使える。
③病院・クリニックは⇒
  1. 正確かつ最新、しかも世界標準の健康情報を提供することで、医療機関としての信頼を得ることができる。
  2. 名前入りの広報誌なので、自院の宣伝媒体としても活用できる。

編集委員一覧

編集顧問:

日野原重明(聖路加国際病院理事長)
宮城征四郎(群星沖縄臨床研修センター長)
小泉俊三(佐賀大学総合診療部教授)
松村理司(洛和会音羽病院院長)
箕輪良行(聖マリアンナ医科大学教授)
山田隆司(地域医療振興協会理事)

編集委員:

大生定義(立教大学教授)(編集委員長)
徳田安春(筑波大学教授)
野口善令(名古屋第2赤十字病院)
藤沼康樹(日生協家庭医療学開発センター)
小嶋 一(手稲家庭医療クリニック)
草場鉄周(北海道家庭医療学センター)

SPECIAL CONTENTS

ジェネラリスト・マスターズ シリーズ

「日本の高価値医療」シリーズ

総合診療医メンターブックス シリーズ

「新・臨床高齢者医学」シリーズ

「Patient Education Library」シリーズ

新・総合診療医学

コンソーシアムブックシリーズ

コンソーシアムシリーズ

ページの先頭へ戻る