1. ホーム
  2. 書籍紹介:「新・臨床高齢者医学」シリーズ
  3. 「新・臨床高齢者医学」シリーズ② たのしい緩和ケア・面白すぎる在宅ケア

「新・臨床高齢者医学」シリーズ② たのしい緩和ケア・面白すぎる在宅ケア

「臨床高齢者医学」シリーズ② たのしい緩和ケア・面白すぎる在宅ケア

  • 宮森 正:著
  • 定価:2,800円+税
  • 2014年5月20日発売 A5 185ページ
  • ISBN978-4-904865-16-3

Amazonで購入する

目 次

    1. 序に代えて
    2. 宮森 正 vs 藤沼康樹
  1. Ⅰ たのしい緩和ケア
    1. 1. Introductionたのしい緩和ケア 「生きていてよかったと思えるケアを提供しよう.」
    2. 2. たのしい緩和ケア・面白すぎる在宅ケア 「緩和ケアは,人生経験.在宅ケアは,異文化交流.」
    3. 3. 緩和ケアはQOL を優先する 「クオリティーはリスクを超える.」
    4. 4. DNAR 対応だったはずの家族が心マを始めている!
        「家族の怒りには,理由がある.家族のスピリチュアルペインをケアせよ.」
    5. 5. もう,がんや老衰の終末期に,挿管や心マッサージなどのパフォーマンスは,やめよう
        「DNARにしますか,延命にしますか,
         どちらにもしますよ仰せの通りにと,患者や家族に聞いてはいけない.」
    6. 6. コミュニケーションは難しい
        「首を振って頷いて聞いている患者も家族も,事態を本当に理解しているとは,簡単に思うな.」
    7. 7. 家庭的苦痛とは何か
        「家庭的苦痛を理解するには,人の心の綾を読み解いていく,繊細さが必要だ.」
    8. 8. 緩和されない家族のスピリチュアルペインが,患者と医療者を追い詰める
        「怒りの矛先になっても,常に平常心を失わない者だけが,危機を回避できる.」
    9. 9. 急に患者の性格が変わった場合は,脳転移に注意せよ
        「急に怒りっぽく,精神的に不安定になった場合は,脳転移を疑う.」
    10. 10. 激越うつ病 「私は,うつです,と言って来る患者は,少ない.うつは症状から見極める.」
    11. 11. 混乱の鑑別と治療
        「混乱をみたら,まず,せん妄, 脳転移,激越うつ病,アカシジアを鑑別せよ.」
    12. 12. 余命の予測は,難しい,人によっては,罪作りなことになる
        「人は,希望の動物」「ヒトは,何の希望もないところで生きていくことはできない.」
        「真実の告知は,トキとヒトを見て,モノを言え.」
    13. 13. IDAS で,QOL のトレンドを知る 「生きていてよかった事と辛い出来事から人生を知るIDAS.」
    14. 14. オピオイドローテーションの注意
        「経口モルヒネ60mg→フェンタニルパッチ4.2mg/3日分が定説.
         しかし,フェンタニルパッチ4.2mg/3日分→経口モルヒネ30mg へ変換が安全.」
    15. 15. がん患者のうつ
        「がん患者のうつは,落ち込んだうつ状態ではなく,
         イライラとした焦燥感のつよい「イラうつ」が多い.不安は,患者全員にあると思え.」
    16. 16. オピオイドの効かない痛み 「チリチリピリピリ,オピオイドが効かない痛み,神経障害性疼痛.」
    17. 17. 効かない薬をどんどん増やしてはいけない
        「何でもかんでも,オピオイドの増量で済まさない.
         眠いばかりで,痛みは,取れず,パッチペタペタ貼りすぎ注意.」
    18. 18. ヒトが生きるための希望とは何か
        「ヒトは,希望の動物」(昭和34年経済企画庁年次世界経済報告)
    19. 19. 胃瘻は止められるのか
        「延命治療の中止は,独断専行するな,チームと倫理委員会で」
        「在宅看取り家族には,24時間の全面的な支援を」
    20. 20. 鎮静を勝手にしてはいけない
        「医師の単独判断で勝手に深い鎮静を行ってはいけない.
         すべてはオープンに,患者家族と医療チームと共に手順に沿って決めること.」
    21. 21. 嚥下障害の高齢患者 「嚥下障害から始まる,延命か非延命か,老衰期の問題.」
    22. 22. 気難しい家族(Difficult family)との付き合い方
        「家族への病状説明は,同じ話を何百回でもする覚悟で説明せよ.」
        「気難しい家族は,多職種チームで対応.」
    23. 23. 気難しい患者 (Difficult patient)を理解する
        「人の心と行動は,人である限り,必ず想像できるはずだ.」
    24. 24. 急性期から終末期までの経過を診る
        「患者は病から逃れられない.急性期から慢性期,在宅,終末期まで寄り添って
         主治医を務める研修が必要だ.」 
    25. 25. 医療不信を超えて
        「手順通りに行って発生した合併症や偶発症は,犯罪ではない.」
        「信頼関係の再構築は,隠し事のない情報開示から始めるしかない.」
    26. 26.緩和ケアでよく使うオピオイドの使い方 「激しい癌性疼痛の鎮痛は,モルヒネで勝負する.」
  2. Ⅱ 面白すぎる在宅ケア
    1. 27. 入院すれば,良くなるという幻想を捨てよう
        「早期発見,早期治療で,入院よりも安全楽勝な,在宅治療.」
    2. 28. お爺さんは,病院がきらいだ
        「お爺さんは,酸素マスクと経鼻チューブとバルンカテと座薬と抑制が嫌いで,
         自分の家と奥さんのご飯が一番大好きだ.」
    3. 29. ナラティブ・メディスンとエスノグラフィー介護家族を質的に評価するとは
        「ナラティブに,歴史と人生を理解する.エスノグフィーは,地域や家庭という小宇宙で,
         人はどのように生きて死んでいくのかを理解する.」
    4. 30. 介護力とはなにか 「介護力とは,患者・家族・地域社会の構造.」
    5. 31. 介護不全とはなにか 「介護力には,介護不全という構造と病態がある.」
    6. 32. 患者の家族を量的に評価するとは
        「在宅ケアは,家族・家庭・ケアマネと主治医のキャパに依存する.」
    7. 33. 在宅ケアの限界家族 「在宅ケア限界家族では,介護不全の発生に注意.」
    8. 34. 在宅で最期を見送る構え
        「在宅看取りは,一人の人間存在を送る,覚悟と構えが必要である.」
    9. 35. 仏壇は,日本人の死生観 「仏壇と遺影で知る一族の物語と死生観.」
    10. 36. 老衰患者の行き先
        「嚥下性肺炎は,倫理的,QOL,社会的,家庭的,介護的に重大な問題を背後に控えている.」
    11. 37. 老衰終末期の輸液をどうするか 「在宅皮下点滴は,高齢化社会を救う.」
    12. 38. 看取りという文化 「在宅看取りとは,家族が生と死に向き合う文化.」
    13. 39. 24時間対応,いつでもオンコール対応が在宅医療の基本
        「介護家族の観察力を信じよ.」
        「患者家族の要請には,直ちに応えよ.」
    14. 40. 愛される要介護者になる秘訣―特に男性諸兄に
        「愛される患者になるためには,ありがとう・おいしい・ごちそうさまの3語を忘れずに発する.
         他の言葉は,忘れてよい.」
    15. 41. 地域包括ケアの時代に向かって当たり前であるが,再度確認しよう.
         今では、余りに忘れられてしまった重い言葉.
        「主治医は,最後まで患者に責任を持つ.」

SPECIAL CONTENTS

ジェネラリスト・マスターズ シリーズ

「日本の高価値医療」シリーズ

総合診療医メンターブックス シリーズ

「新・臨床高齢者医学」シリーズ

「Patient Education Library」シリーズ

新・総合診療医学

コンソーシアムブックシリーズ

コンソーシアムシリーズ

ページの先頭へ戻る