1. ホーム
  2. 書籍紹介:「日本の高価値医療」シリーズ

「日本の高価値医療」シリーズ

「日本の高価値医療」シリーズ① 職人としての家庭医―筋力検査と運動療法
詳細ページに移動

①職人としての家庭医―筋力検査と運動療法

医師の役割はひとりひとりの患者にとって価値の高い医療を患者と話し合いながら賢く選択していくことです。
 米国の医療経済学者によると, 米国の国民医療費の総額のうち約3分の1は「低価値医療Low-value Care」と言われます.すべての国の医療にはLow-value Careがあります.米国に引き続き,カナダや英国,スイスなどでは,低価値なケアの内容をリストアップして,医師と患者の双方に対して,その適応を「再考」するように促す活動を開始しました.一方,わが国では,「ジェネラリスト教育コンソーシアム」が中心となって,Choosing Wisely Japan活動が結成され,ムック版シリーズ(当日のface to faceの議論と依頼論文で構成する本と雑誌の中間の体裁)でその内容が紹介され,大きな反響を得ました.またその第9回「ジェネラリスト教育コンソーシアム」(2015年)では,日本であまり行われていない「高価値医療High-value Care」と,日本でよく行われている「低価値医療Low-value Care」を取り上げ,その低価値リストのなかで「避けるべき・止めるべき」優先順を決定し,ムック版を2016年4月に刊行しました.
 このような活動の上に立ち,世界の医学界の趨勢を展望して,このたび私たちは,「日本の高価値医療 High-value Care in Japan」単行本シリーズを刊行します.
この単行本シリーズでは,
・高価値なケアHigh-value Careをもっとやってみよう
・不十分なケアLow-value Careは改善しよう
の2つを柱に,教育的な症例や事例を挙げて日常診療の指標を提供します.
高価値なケアには,「こうすれば患者ケアは成功し,患者の満足度も高まる」という最新のエビデンスを提供します.
低価値なケアには,「このような医療介入では、患者に起こる有害リスクが大きくなり、ケアにむだが生じ,患者満足度も上がらない」という注意点を提供します.そしてベストプラクティスのための科学的エビデンスと臨床基本技能のアドバイスを,指導医と研修医の対話形式で,平易に解説します.
また論稿のポイントを世界に発信するために各論稿の末尾に英語で要旨を記載します.
本シリーズは,沖縄からスタートします。そして、全国の家庭医,病院総合医の多くのジェネラリストの諸先生,施設のご協力を得て,わが国にこれまでに見なかった新しい出版活動を展開していきたいと思います.

刊行のことばより:
JACHO本部顧問 徳田 安春
沖縄県立南部医療センター・こども医療センター 仲里 信彦
稲福内科医院 稲福 徹也
沖縄県立宮古病院 本永 英治
沖縄県立中部病院 本村 和久

  • 本永 英治:著
  • 定価:3,000円+税

Amazonで購入する

SPECIAL CONTENTS

ジェネラリスト・マスターズ シリーズ

「日本の高価値医療」シリーズ

総合診療医メンターブックス シリーズ

「新・臨床高齢者医学」シリーズ

「Patient Education Library」シリーズ

新・総合診療医学

コンソーシアムブックシリーズ

コンソーシアムシリーズ

ページの先頭へ戻る