1. ホーム
  2. 書籍紹介:「日本の高価値医療」シリーズ
  3. 「日本の高価値医療」シリーズ⑥ コミュニケーションと倫理のハイバリューケア―自己学習に役立つ23症例

「日本の高価値医療」シリーズ⑥ コミュニケーションと倫理のハイバリューケア―自己学習に役立つ23症例

日本の高価値医療シリーズ⑤ 総合内科初診外来のハイバリューケア

  • 著者:本村 和久
  • 定価:3,000円+税
  • 2020年5月7日 第1版第1刷 229ページ
  • ISBN978-4-904865-51-4 C3047

Amazonで購入する

目 次

  1. 第Ⅰ章 医療現場における臨床倫理
    1. 1 延命治療と臨床現場
    2. 2 医療現場における臨床倫理サポート体制の構築
    3. 3 臨床倫理とナラティヴ
  2. 第Ⅱ章 コミュニケーション困難ケース
    1. 1 判断能力が疑わしいケースへの対応
    2. 2 旅行者への対応
    3. 3 認知症がある患者さんへの対応
    4. 4 高齢者の聴覚障害
    5. 5 非常に不安が強い患者さん
    6. 6 「自然の力で治したいのです」への対応
    7. 7 頻回に救急外来を受診する患者さんへの対応
    8. 8 複数の医療機関に受診歴のある慢性疼痛に出会ったら
    9. 9 怒っている患者さんの対応
    10. 10 予後を伝えられていない終末期の患者さんに対する対応
    11. 11 診断エラーがあったときの対応
  3. 第Ⅲ章 倫理ジレンマケース:高齢者医療、終末期ケア
    1. 1 気管挿管すべきか
    2. 2 心肺蘇生を行うか否か?
    3. 3 透析すべきか否か?
    4. 4 昇圧薬を使うか否か?
    5. 5 胃ろうを作るべきか
    6. 6 本人への予後告知を行うか否か?
    7. 7 終末期の貧血
  4. 第Ⅳ章 倫理ジレンマケース:主治医の意向と他の医療者の意見の不一致
    1. 1 総合診療医と専門医の意見の不一致
    2. 2 医師と看護師の意見の不一致
    3. 3 医療者に好意を持つ患者さんへの対応
    4. 4 医療者からのパワハラがある場合の対応
    5. 5 患者さんからの贈り物
  5. Index

SPECIAL CONTENTS

「日常診療ツールキット」シリーズ

ジェネラリスト・マスターズ シリーズ

「日本の高価値医療」シリーズ

総合診療医メンターブックス シリーズ

「新・臨床高齢者医学」シリーズ

「Patient Education Library」シリーズ

新・総合診療医学

コンソーシアムブックシリーズ

コンソーシアムシリーズ

ページの先頭へ戻る