1. ホーム
  2. 書籍紹介:SPECIAL CONTENTS
  3. 家庭医療の質:診療所で使うツールブック Quality in family practice Book of Tools

家庭医療の質:診療所で使うツールブック Quality in family practice Book of Tools

家庭医療の質:診療所で使うツールブック Quality in family practice Book of Tools

  • Cheryl Levitt・Linda Hilts:著
  • 日本プライマリ・ケア連合学会・翻訳チーム:訳
  • 松村真司・福井慶太郎・山田康介:監訳
  • 安藤高志・榎原 剛・加藤光樹・草場鉄周・佐藤弘太郎・中川貴史・中村琢弥・成島仁人・八藤英典・平野嘉信・松井善典・松田 諭・宮地純一郎・村井紀太郎:翻訳(五十音順)
  • 定価:4,000円+税
  • 2014年4月6日発売 A4変形 210ページ
  • ISBN978-4-904865-21-7

Amazonで購入する

目次

  1. 推薦のことば/丸山 泉
  2. 日本語版への序文/Cheryl Levitt
  3. 監訳に当たって/松村真司・福井慶太郎・山田康介
  4. 翻訳者一覧
  5. 献辞
  6. 謝辞
  7. 海外およびに国内の指針/ツール
  8. 著者紹介
  9. 家庭医療の質:診療所で使うツールブック(Quality Book of Tools:以下QBT)
  10. ツール作成 協力メンバー(2003-2009)
  11. イントロダクション
  12. 概説
  13. 背景
  14. なぜQBT が必要か?
  15. QBT はどこにあるのか?
  16. 継続的な質改善(Continuous Quality Improvement:以下CQI)
  17. QBT をどのように利用するのか?
  18. 概要
  19. カテゴリーと指標
  20. カテゴリー指標の要約
  21. 用語解説
  22. 略語解説
  23. 参考文献
  24. カテゴリーA:患者中心性
  25. カテゴリーB:公平・公正性
  26. カテゴリーC:適時性と近接性
  27. カテゴリーD:安全性
  28. カテゴリーE:効果的な診療
  29. カテゴリーF:効率性
  30. カテゴリーG:統合ケアと継続性
  31. カテゴリーH:適切な診療所リソース

SPECIAL CONTENTS

ジェネラリスト・マスターズ シリーズ

「日本の高価値医療」シリーズ

総合診療医メンターブックス シリーズ

「新・臨床高齢者医学」シリーズ

「Patient Education Library」シリーズ

新・総合診療医学

コンソーシアムブックシリーズ

コンソーシアムシリーズ

ページの先頭へ戻る