1. ホーム
  2. 書籍紹介:「新・臨床高齢者医学」シリーズ
  3. 「新・臨床高齢者医学」シリーズ③ よくわかる 徒手筋力検査と臨床運動学

「新・臨床高齢者医学」シリーズ③ よくわかる 徒手筋力検査と臨床運動学

「臨床高齢者医学」シリーズ③ よくわかる 徒手筋力検査と臨床運動学

  • 本永英治:著
  • 定価:2,800円+税
  • 2016年4月1日発売 A5 204ページ
  • ISBN978-4-904865-25-5

Amazonで購入する

目 次

    1. Ⅰ イントロダクション
      1. 臨床における徒手筋力検査の盲点
    2. Ⅱ 概要
      1. 1)ベッドサイドの徒手筋力検査の意義
      2. 2)ベッドサイドにおける簡易徒手筋力検査の実際
    3. Ⅲ 症例編
      1. 1)高齢者入院患者とサルコペニア,フレイルの理解
      2. 2)筋力低下と過用症候群
    4. Ⅳ 臨床運動学
      1. 1)基礎編 臨床運動学の理解
      2. 2)応用編 活動性関節炎&筋付着部炎患者,筋力低下患者への運動処方
      3. 3)高齢者特有の筋力低下に対する運動療法
      4. 4)地域ヘルスケアとしての運動療法・指導の展開
    5. Ⅴ 提言
      1. 筋力低下と炎症がもたらす特異的病態(私見的洞察)
    6. Ⅵ ふりかえり
    7. Index

SPECIAL CONTENTS

ジェネラリスト・マスターズ シリーズ

「日本の高価値医療」シリーズ

総合診療医メンターブックス シリーズ

「新・臨床高齢者医学」シリーズ

「Patient Education Library」シリーズ

新・総合診療医学

コンソーシアムブックシリーズ

コンソーシアムシリーズ

ページの先頭へ戻る