1. ホーム
  2. 書籍紹介:「日本の高価値医療」シリーズ
  3. 「日本の高価値医療」シリーズ② 頭痛外来チャレンジケース

「日本の高価値医療」シリーズ② 頭痛外来チャレンジケース

日本の高価値医療シリーズ② 頭痛外来チャレンジケース

  • 著者:稲福 徹也
  • 定価:3,000円+税
  • 2017年7月1日 第1版第1刷 182ページ
  • ISBN978-4-904865-32-3 C3047

Amazonで購入する

目 次

  1. 第1章 頭痛診療の基本を学ぶ症例
    1. 1 研修医が片頭痛と診断できなかった頭痛症例
    2. 2 トリプタンが“効かない”片頭痛
    3. 3 片頭痛予防薬の適応となる例
    4. 4 緊張型頭痛 ― 二次性頭痛やうつ病を除外する
    5. 5 急性副鼻腔炎 ― 患者との良好な関係構築こそ 高価値なケア
    6. 6 死亡率,後遺症率が高い細菌性髄膜炎を見逃さない
    7. 7 オタワくも膜下出血基準を7考慮し診断した,独歩受診のくも膜下出血による急性頭痛例
  2. 第2章 頭痛診療の応用力を学ぶ症例
    1. 8  薬剤の使用過多による頭痛(MOH):頭痛を治そうと飲んだ薬で頭が痛い?
    2. 9  群発頭痛の予防療法は患者のQOLを向上させる
    3. 10 反復性の一側頭痛 ― 三叉神経痛を的確に診断治療する
    4. 11 高齢者の頭痛 ― 巨細胞性動脈炎を見逃さない
    5. 12 動脈解離に伴う頭痛を見落とさない
    6. 13 頭痛治療に漢方薬を活かす
  3. 第3章 多様性を学ぶ症例
    1. 14 可逆性脳血管攣縮症候群 ― 念頭におくかどうかで救急外来診療の質が上がる
    2. 15 脳腫瘍による頭痛
    3. 16 低髄液圧症候群による頭痛
    4. 17 片頭痛が脳梗塞のリスクとなり得る ― 片頭痛診療の質を高める
    5. 18 脳過敏症候群 Cephalic Hypersensitivity Syndrome
    6. 19 稀な頭痛に遭遇したとき ― 骨パジェット病の一例
  4. Appendix
    1. 炎症に伴う頭痛
    2. 家族性片麻痺性片頭痛(FHM)
  5. INDEX
  6. 編集協力:Alex Gregg
    1. 森脇 段
  7. 表紙:リュウキュウキンバト
    1. (本永英治氏撮影)

SPECIAL CONTENTS

ジェネラリスト・マスターズ シリーズ

「日本の高価値医療」シリーズ

総合診療医メンターブックス シリーズ

「新・臨床高齢者医学」シリーズ

「Patient Education Library」シリーズ

新・総合診療医学

コンソーシアムブックシリーズ

コンソーシアムシリーズ

ページの先頭へ戻る