1. ホーム
  2. 書籍紹介:「新・臨床高齢者医学」シリーズ

「新・臨床高齢者医学」シリーズ

③よくわかる 徒手筋力検査と臨床運動学
詳細ページに移動

③よくわかる 徒手筋力検査と臨床運動学

本書は,臨床実務に役立つ徒手筋力検査法をはるかに超えている.医学生が運動力学や筋肉解剖学を“なるほど”と納得しつつ勉強する入口になり,臨床医学生や研修医が筋疾患の病理を俯瞰するのにも役立ち,しかも高齢化社会における臨床運動学を生かした運動療法に言及した大著である.本題の筋力評価の技術的記載は症例に基づいているため,検査をする状況のイメージが湧き易く初学者にも親切で実用書としての価値が高く,開眼の臨床医必携本として推薦する.
サルコペニアは内臓機能を低下させ患者のQOLを低下させる.歩行不自由,摂食や排泄行動も不自由,この様な見放されがちな患者に,過用症候群を防ぎつつ適切な運動を指導・実施していくためには,筋力検査が必須と著者は考え,これを簡易徒手筋力検査法として考案し本書が誕生した.臓器の身体診察に重点を置く医学の流れを考えると著者の慧眼に驚かざるを得ない.本書一冊の熟読で,寝たきり防止など患者の全人的医療に何か支援ができる自信に繋がる記載がある.これからの在宅医療,高齢化医療で患者の福音になる事を期待したい.
なお筋肉に関してこれほど生き生きとした記載は,今までの書には無かった.著者が若き医学生のころ医学や医学教育に抱いた原点をそのまま持ち続けて医師として成長され,執筆されたのが本書であり,その行間に,医学を志す者に大切な心を読み取っていただけたら幸いである.

高橋優三先生(岐阜大学名誉教授、兵庫医科大学客員教授)

  • 本永英治:著
  • 定価:2,800円+税

Amazonで購入する

②たのしい緩和ケア・面白すぎる在宅ケア
詳細ページに移動

②たのしい緩和ケア・面白すぎる在宅ケア

「新・臨床高齢者医学」シリーズの第2作。
1994年から、当院は慢性期の地域ケアが必要と考え、川崎市当局の理解を得て、1998年に緩和ケア・高齢者ケア・在宅ケア・地域連携をキイワードとした、かわさき総合ケアセンターが完成した。この20年の経験をまとめたものが本書である。EBMが当たり前の今の時代にあって、私の僅かな経験の意味とは、若い医師にこの経験を批判的にでも利用して頂きたいからである。

  • 宮森 正:著
  • 定価:2,800円+税

Amazonで購入する

①高齢者リハビリテーション栄養
詳細ページに移動

①高齢者リハビリテーション栄養

「新・臨床高齢者医学」シリーズの第1作。
高齢者では「リハビリテーションなくして総合診療なし」だと私は考えます。 もちろん「総合診療なくしてリハビリテーションなし」でもあります。リハビリテーションと総合診療は、共通点が少なからずあって本当は親和性が高いにもかかわらず、なぜか遠い関係のまま今に至っています。そして、リハビリテーションと栄養、総合診療と栄養もなぜか遠い関係のままでした。これらの関係改善に役立つ書籍にしたいという思いで執筆しました。リハビリテーション栄養の視点を身につけると、診療が変わります。(著者のことばより)

  • 若林秀隆:著
  • 定価:2,800円+税

Amazonで購入する

SPECIAL CONTENTS

ジェネラリスト・マスターズ シリーズ

「日本の高価値医療」シリーズ

総合診療医メンターブックス シリーズ

「新・臨床高齢者医学」シリーズ

「Patient Education Library」シリーズ

新・総合診療医学

コンソーシアムブックシリーズ

コンソーシアムシリーズ

ページの先頭へ戻る